PAGはアジア最大級の独立系オルタナティブ投資・運用グループで、プライベート・エクイティ、不動産、アブソリュート・リターンを主な投資戦略としています。

PAGのオペレーションは、業界最高水準のリスク管理、ガバナンスおよび透明性の実現のための強固な事業基盤と各社員のコミットメントに支えられています。

PAGは、アジア各国の市場における比類なき存在感とアジア地域に関する深い知見を有しています。PAGは、マルチ・ストラテジー・プラットフォームを通じて、投資家の皆様に対して多岐にわたるファンドやプロダクトを提供しています。

経験豊富な投資パートナー

PAGはアジア地域に関する投資に特化しており、同地域への深い知見を有しています。PAGの投資チームは、それぞれが担当する地域についての豊富な知識と経験を基に意思決定を行っています。

PAGは各種の幅広いファンドと柔軟に調整可能な資金提供方法により、全ての主要なアセットクラスにおいて独自の投資機会を提供しています。

PAGは投資家の皆様との長期にわたる関係を重視しております。

PAGは、独立したパートナーシップの下、継続的に高いリターンを生み出す投資を行い、景気サイクルおよび外部環境変化の波を越えて、優れた実績を維持してきました。

各マーケットで優れた実績と経験を有するプロフェッショナルを採用することで、各マーケットに関する知見をグローバル・スタンダードと融合させてきました。

PAGの歴史

PAGは、プライベートデットへの投資や上場株式等への投資を行うアブソリュート・リターン、不動産、並びにバイアウトおよびグロース投資を行うプライベート・エクイティの3つのストラテジーのもとで多様な投資を行う投資会社です。 

PAGのルーツは20年以上前にさかのぼります。 PAGのアブソリュート・リターン事業は、2002年にChris Gradelが共同設立したマルチストラテジー型ヘッジファンドであるパシフィック・アライアンス・グループが原点です。不動産事業は、1997年にJon-Paul Toppinoが共同設立した日本における不動産および不良資産投資の先駆的存在であるセキュアード・キャピタル・ジャパンから発展しました。プライベート・エクイティ事業は、Weijian Shanが、TPGやニューブリッジ・キャピタルなどのプライベート・エクイティ・ファンドで数々の功績を挙げた後、2010年に立ち上げました。 

2010年に、アジア有数の多角的オルタナティブ投資会社を創り上げるべく、Chris Gradelが中心となって3つの事業を統合しました。 3人の各事業の創設者が引き続きそれぞれの事業を率いています。PAGは現在、150を超える世界中の機関投資家からお預かりした400億米ドルに達する資産を運用しています。

The PAG logo

 

PAGのロゴマークであるこのシンボルは、中国に古くから伝わるマッチ棒を使ったゲームから着想を得ています。このゲームの目的は、マッチ棒を3本だけ動かすことで、魚の向きを変えることです。

このゲームからの着想には、問題解決および革新的なソリューションに重点を置くPAGの姿勢が反映されています。また、このロゴマークは方眼紙を連想させるものでもあり、PAGの分析的アプローチをあわせて示唆しています。

さらに、このロゴマークは、アジアの多くの国で幸運をもたらすとされている金魚をイメージしています。

 

チームのご紹介

Weijian Shan

グループ会長兼CEO

運用資産 400億米ドルを担うプライベート・エクイティー・グループPAGの会長兼CEOを務める。PAGは、アジアを初め世界各国で投資を行っている。前職はTPGのパートナー、そしてTPG Asia(旧Newbridge Capital)の共同マネージング・パートナーを務めた。 

それ以前は、JPモルガンでマネージング・ディレクターとして、また、ペンシルベニア大学ウォートン・スクールの助教授を務めた経験も有する。カリフォルニア大学バークレー校にて博士・修士号を取得。サンフランシスコ大学MBA。北京の対外経済貿易大学を卒業し、同大学で教鞭を執った。 

近年には、Out of the Gobi: My Story of China and America (2019著)、Money Games: The Inside Story of How American Dealmakers Saved Korea’s Most Iconic Bank (2020著)の二冊の著書に加え、多々なる論評をファイナンシャル・タイムズ、ニューヨーク・タイムズ、ウォール・ストリート・ジャーナル、フォーリン・アフェアーズ・リポート等に掲載されている。

Chris Gradel

創設者兼最高投資責任者
PAGアブソリュート・リターン

2002年にPAGを創業。

アジア地域において20年以上の投資経験を有する。

PAG創業前は、中国でMarmon Groupの複数の投資案件を担当。マッキンゼー(香港)のエンゲージメント・マネージャーを務めた。

オックスフォード大学でエンジニアリング、経済学および経営学の修士号を取得。

ヘッジファンド業界のグローバル・スタンダードを決定する機関であるSBAI(Standards Board for Alternative Investments)の理事。

オックスフォード大学寄付基金の投資委員会メンバー。

Jon-Paul Toppino

グループ社長
PAGリアル・エステートのマネージング・パートナー

1998年、PAGリアル・エステート(前身はセキュアード・キャピタル)入社。PAGのアジア全域における不動産投資およびオペレーションの全般を統括。同氏のリーダーシップのもと、PAGの不動産チームは6,800件以上、総額310億米ドル超のハイクオリティな住宅、商業施設、ローン資産に投資。

1998年以前は、セキュアード・キャピタルの米国でのデット・アドバイザリー事業の責任者として20億米ドルを超える案件を担当。また、セキュアード・キャピタルの米国や欧州での不良債権や不動産のポートフォリオ取得にも積極的に関与し、米国やフランスで10億米ドル超の投資を実行。

マイアミのフロリダ国際大学で経済学を専攻。Young Presidents Organizationメンバー。Urban Land Instituteの正規メンバーで、同団体の日本委員会の委員を務める。

当ウェブサイトをより使いやすくするため、クッキーを使用しています。
当サイトを利用されることにより、当社のプライバシー・ポリシーに基づくクッキーの使用に同意されたものとみなします。