PAG リアル・エステートはアジア地域におけるトップクラスの規模と実績を誇る不動産投資・不動産運用のプラットフォームです。1997 年にセキュアード・キャピタル・ジャパンとして創業しました。

我々は、これまで幾度のマーケットサイクルを乗り越え、確固たる運用実績を残してきました。PAGの投資戦略は、現物不動産の取得・運用から不動産会社への投資や不動産を裏付けとする不良債権投資に至るまで、多岐に渡ります。

我々のアジア地域に根ざしたネットワークは、日本、中国、香港、シンガポール、オーストラリア、韓国の主要都市を網羅し、アジア太平洋地域全体に広がります。

 

数字で見るPAG

アジア地域での
累計投資実績は金額ベースで
310 億米ドル
(3 兆3,300 億円)、物件数は6,900 超にのぼります。
不動産投資チームは
アジア地域に
130 名超
のメンバーを有します。

ユニークかつ柔軟なアプローチ

我々はオポチュニスティック、バリューアッド、コアプラスのそれぞれの投資戦略において様々な収益機会を見出します。

経験豊富なアセットマネジメント・チームが、コスト競争力とテナントサービスに注力した堅実な物件運用を行うことにより、投資価値の向上を図ります。

価値の創造

PAG リアル・エステートは、バランスの取れたリスク・リターンを継続的に実現することを目指しています。そのためには豊富な実績に裏付けられた物件評価や案件のストラクチャリング能力、様々なバリューアップやエグジット戦略を実現する能力を要します。それを支えているのが強力な案件ソーシングのネットワークで、20 年以上に渡る投資経験により培われてきました。

我々の最大の強みは、地域に根ざした知見を持ちつつ、不動産市場と資本市場の双方を深く理解していることにあります。それにより適切な投資機会を適切なタイミングで捉えることが可能です。

アセットマネジメント

高い投資リターンの実現には卓越したアセットマネジメント能力が必須です。そのためPAG は、社内において専任のアセットマネジメント・チームを作り上げてきました。これにより投資ポートフォリオのポテンシャルを最大限に引き出すことを可能にしております。

ファンドが取得した物件は、日本、中国、香港、オーストラリア及び韓国の各チームにより運用されます。

 

責任ある投資

GRESB

PAG リアル・エステートは不動産投資に関わるグローバルなESG(環境、社会、ガバナンス)の指標であるGRESB の枠組みに参加しており、各投資物件についても環境、社会、ガバナンスの水準を向上させるべく取り組んでいます。

PAG の
不動産ファンド

PAG リアル・エステート・パートナーズII(PREP II)

PREP IIはアジア域内の主要都市に投資を行うコア・プラス/バリューアッド型の不動産ファンドで、第二号となります。同ファンドは、アジア域内の主要都市においてインカム主体の魅力的なリターンを生み出すことを主眼としています。

SCREP VI

SCREP VI は当グループにおける第6 号の不動産オポチュニティファンドです。当ファンドは投資総額の65%までを日本においてオポチュニスティックな現物不動産・不動産担保付債権(主に不良債権)への投資を行い、残りを中国、韓国、およびその他のマーケットに投資しています。2017 年9 月、19 億米ドル(1,900 億円)のキャピタル・コミットメントを受けて組成いたしました。

PAG リアル・エステート・パートナーズI(PREP I)

PREP I は、当グループのパン・アジアにおけるコアプラス/バリューアッド型不動産ファンドで、2016 年 9 月に13 億米ドル(1,300 億円)のキャピタル・コミットメントを受けて組成いたしました。当ファンドは、PAG がこれまで投資・運用の実績を挙げてきた地域やセクター(主に日本、中国、オーストラリア、韓国、香港など)において魅力的なインカム・リターンを生み出すことを目指しています。

セキュアード・キャピタル・リアル・エステート・パートナーズV(SCREP V)

SCREP V は15 億米ドル(1,500 億円)のエクイティ規模を有するオポチュニティ型不動産ファンドで、主に不良債権、現物不動産、プラットフォーム・エクイティ、ブリッジ・ファイナンス及び共同開発案件に投資を行います。投資対象地域は主に日本ですが、オーストラリア、韓国、中国などのマーケットにも投資しています。

当ウェブサイトをより使いやすくするため、クッキーを使用しています。
当サイトを利用されることにより、当社のプライバシー・ポリシーに基づくクッキーの使用に同意されたものとみなします。